【ネタバレ】宮﨑あおいが唄う、映画『ソラニン』試写会
思い違いは空のかなた
さよならだけの人生か
ほんの少しの未来は見えたのに
さよならなんだ

昔 住んでた小さな部屋は
今は他人が住んでんだ
君に言われた ひどい言葉も
無駄な気がした毎日も

あの時こうしてれば あの日に戻れれば
あの頃の僕にはもう 戻れないよ

たとえばゆるい幸せがだらっと続いたとする
きっと悪い種が芽を出して
もう さよならなんだ

寒い冬の冷えた缶コーヒーと
虹色の長いマフラーと
小走りで路地裏を抜けて
思い出してみる

たとえばゆるい幸せがだらっと続いたとする
きっと悪い種が芽を出して
もう さよならなんだ

さよなら それもいいさ
どこかで元気でやれよ
僕もどーにかやるさ
そうするよ

ASIAN KUNG-FU GENERATION『ソラニン』

c0063951_150123.jpg

―まず最初に断っておくと、私はソラニン世代ではないし、原作も読んでもいません。なので、映画の感想を書くつもりではいるけど、アジカンがメインテーマ&エンディングを担当しているし、ゴッチが作曲した歌をあおいちゃんがどのように歌うのか、映画でどのように曲が使われているのかが知りたくて観に行っているので、話がだいぶ逸れると思います(笑)。

メインの登場人物は、24歳の大学の同級生達5人。通常だったら社会人2年目だけど、会社勤めしてるのは女子2人だけで、男子はフリーターだったり家業継いでたり、大学6年生だったりと、なんとなくモラトリアムな雰囲気。
主人公の芽衣子(宮﨑あおい)はOLやってるんだけど、これがまた鬱屈とした日々を送っていて(苦笑)。もう会社辞めたくて辞めたくてしょうがない。でも辞めてもしょうがないって事は分かっていて、その分、フリーターの彼・種田(高良健吾)に夢を叶えてほしいと思っていて。
そのうち芽衣子は仕事を辞めて、種田はオリジナル曲の『ソラニン』を引っ提げてバンド活動に集中していくんだけど、突然、種田が交通事故で死んでしまう。遺された芽衣子や仲間達は・・・!?

―正直、試写会で良かった。友達を誘って普通に観に行ったら、もしかしたらブーイングだったかもしれない。少なくとも私の周りの友人には。あんなに感情移入というか、集中できなかった映画は久しぶりかも。
現に、試写後に飲みに行ったけど、映画の話はほとんど出てこなかった(苦笑)。

「ソラニンは、種田が死ななきゃ何の出来事も特にない、普通の話。普通の人達が普通に生活している話。でもそれがすごくリアルで。現実はそうそうドラマなんて起こらなくて、ただただ日々が流れていく。でも『何かしなきゃ、何か変わらなくちゃ』って、もがいて、鬱屈として。そのあたりのロストな感じが、自分と重なる。だからバブル時代に青春を過ごした人は、イントゥできないと思う。」みたいな話を、どこかの雑誌でゴッチがしていた。

―多分、この世界観に共感できないんだよね、私。喪失感というか閉塞感というか。ゴッチより何個か歳が上なだけなのに、なんでだろう?青春時代はバブル崩壊真っ只中だったし、就職は超氷河期だったのに。
確かに、私も新卒で入った会社1年9ヶ月で辞めたけど(笑)。でもあの頃、あんなにフワフワというか、空虚な感じはなかったなぁ。ちゃんと次の会社決めてから辞めたし、それは夢に向けての転職だったしね。(と、自分を正当化してみる。)
で、自分が24歳の時って何してたかと言うと、なんだかやたら遊びまくって、買い物ばっかりしてた(笑)。景気は確かにそんなに良くなかったはずなのにね。まぁちょうどその時、サークルの延長みたいな仕事してたせいもあるけど・・・。ただただ毎日バカみたいに楽しくって、それだけだったな。(私の周りだけ?)

だからソラニンの原作を知らない私は、映画を観てソラニンの世界観がやっと理解できて、ゴッチが原作にインスパイアされて出来た『ムスタング』の歌詞が、今やっと理解できた。これだけは映画を観に行った価値があるっていう(笑)。

映画のエンディングで流れる『ムスタング mix for 芽衣子』は、ピコピコとtenori-onみたいな音がして、アジカン2009年のホールツアーを彷彿させる。原曲よりもポップで前向きなアレンジがされた感じ。もともとムスタング好きだけど、この曲も好きです。

c0063951_151320.jpg

あ、ちなみに、あおいちゃんの唄うソラニンは、原曲よりもキーが少し高かったです。高良くんは原曲のキーで唄ってたけど。そしてあおいちゃんの歌唱力はと言うと・・・、残念ながらお世辞でも上手いとは言えないなぁ(苦笑)。でもあの役どころなら、そもそもそんなに上手に歌う必要もないかな。まぁ、某CMでブルーハーツの曲を歌っているので、容易に想像できるかとは思いますが。
もちろんあおいちゃんが『ムスタング mix for 芽衣子』を唄うシーンもありません。と言うか、ゴッチの唄うムスタングすら劇中には流れません。あくまでもエンディングだけです。
[PR]
# by pink.green | 2010-03-30 23:45
丸5年が経過
2月22日、真っ白な花束を飾った。

白は、部屋の静寂を際立たせる。おかげで余計に淋しくなった。でも仕方ない、これが現実なのだから。

昨日は平成22年でゾロ目だからと、世間は騒がしかった。でも私には聞こえない。

来年も再来年も、私はこの日を祝う。ひっそりと、これからも。

ブログを始めて、6年目に突入。
[PR]
# by pink.green | 2010-02-23 00:00
破綻
JALが経営破綻した。事実上の倒産である、昨夜はニュースを食い入るように見た。

以前は天王洲のJALビルを見ると懐かしく思ったものだが、それが今では苦々しく思う。

時は流れたのだなぁと感じる。まさかJALが倒産する日が来るなんて、新卒の時は夢にも思わなかった。今頃、同じように思いを馳せている私の知人も多い事だろう。

先日、現役社員の友人に会った際、やはりこの話になった。避けては通れない話だ。

友人には友人の言い分があり、実際その会社で働く人間にしか分からない事ももちろんあり、真摯に自分の業務に邁進してきた事は認める。JALの社員全員が悪いとは毛頭思っていない。半官半民であった過去など、JAL特有の事情があるのも事実。

それにしても、だ。今回の会社更正法適用は、やはり納得がいかない。

現在私が勤める会社は債権者のうちの一つで、なんと融資額の83%は、債権を放棄しなければいけなくなった。有り得ない。もちろん多額の税金も投入される。

そこまでして救う価値が、果たしてあるのだろうか?フラッグキャリアだから潰せないだけなのでは?しばらくはこのモヤモヤが消えない。

いつか、JALを助けて良かったと思う日が来るのだろうか。
[PR]
# by pink.green | 2010-01-20 08:47
Twitterでも奇跡が!!!
…はい、実はこっそりTwitterデビューしてました、すみません(笑)。

最初はフォローだけしていましたが、昨夜マイミクさんが某アーティストからRTされた事に触発され私も某アーティストに向けツイートし始めると、何と私にもRTが!!!

いや〜、もう嬉しさよりまずとにかくビックリで。その後ジワジワと実感が…(笑)。自分の大好きなアーティストからRTされるなんて夢にも思わなかったし、ホント感無量です。少しだけ『繋がり』を感じる事ができました。
もちろんその後、興奮して寝付けなかったのは言うまでもありません(苦笑)。

『狂tter』になりそうな私NOW(骨)!
[PR]
# by pink.green | 2010-01-13 08:31
【ネタバレ】ASIAN KUNG-FU GENERATION Tour 2009 ~酔杯リターンズ~@新代田FEVER
・・・奇跡よ、リターンズ!!!

最前列での参戦は、およそ1年前のシークレットライブ以来(しかも今回はゴッチ前)。それだけでも十分なのに、MC中にゴッチが私と友人の会話を拾うわ(笑)、ゴッチに触るわ、キヨシのスティックも掴むわで、「私、帰りに交通事故にでも遭うんじゃないかな?」と心配になるくらい、贅沢な時間を過ごしました。もちろん、ライブハウスの洗礼を受けながら(苦笑)。

17時ごろ会場に到着し、物販の列に並びつつ友人と合流。ロッカーも無事確保し、赤のツアーTシャツに着替えて入場待ち(ちなみに9割方のファンが黒Tを購入。個人的には絶対赤の方がカワイイと思う)。寒空の下、半袖でキツイな~と思っていたら、会場内のギャラリースペースにて入場待ちが出来た。やるじゃんFEVER(笑)♪しかしリハーサルの音がちらちら漏れ、うち3曲はガッツリ判ってしまった・・・。
c0063951_1918296.jpg
↑新代田FEVER、ギャラリースペース(?)の壁画

18時半過ぎに入場開始。今回、なんと整理番号15番という素晴らしいチケットをマイミクちゃんに譲ってもらったので、否が応でも最前列への期待が募る。そしていざ入場すると、余裕の最前列!が、残念ながらキヨシ前は先客に占領されていたので、泣く泣く(ごめんなさい)ゴッチ前へ移動。
しかしそのあまりの近さに、私・友人・マイミクちゃん共に「ヤバイヤバイ」を連発(笑)。ステージの高さが低いうえに、ステージまでの距離が50cmぐらい!そこにもうマイクスタンドがあって、腕を伸ばせば掴める距離。ゴッチの立ち位置までは1m50cmぐらい!!『君繋ファイブエム』どころの距離じゃないですよ!!!とここで、衝撃の事実が判明。なんと悲しい事に、ゴッチの陰になってキヨシが全く見えない!!信じられない・・・(泣)。

確か某誌に、「今回の酔杯はメンバーそれぞれやりたい曲を4曲ずつ持ち寄り、『新世紀のラブソング』以外の新曲も演る」と書いてあったので、どんなセトリになるのか期待がわく。個人的には『ワールドアパート』を聴いてみたいのだけど、メンバー内ではこの曲の重要度が低いうえに、ゴッチ以外は「演奏がせせこましい」からイヤだそうだ(苦笑)。ところで、『新世紀のラブソング』は一体ライブでどう再現されるのだろう?イントロのギターは逆回転だから、やはり打ち込み?
と思いを馳せつつゴッチの立ち位置に目をやると、なんとそこにはセットリストが!一瞬目を逸らしたものの、好奇心に負けセトリをガン見(笑)。11曲目以降が丸見えで、おそらく新曲であろう知らない曲名もちらほら。おまけにアンコール曲まで判明してしまい、ちょっと後悔・・・。

そんなこんなで会場が暗転し、メンバー入場。と同時に後方からのモッシュが始まる。バーにちょうど腰骨(?)が当たって痛いのなんのって(泣)。

1.新世紀のラブソング ←やはりイントロは打ち込みで始まり、ゴッチがつぶやくように歌い始める。そして壮大な後半へ。歌詞がストレートに心に響く。
2.サイレン ←2曲目にして驚いたセトリ。でもライブで初めて聴けて嬉しい!が、後半の見せ場である、キヨシの怒涛のドラミングが全く見えず・・・(泣)。
3.マジックディスク (山ちゃん新曲)←早くも新曲披露。激しめの、初期のアジカンっぽい懐かしい感じの曲。
4.ブルートレイン ←ゴッチと建さんのギターセッションが始まった瞬間、思わず叫ぶ!大好きな曲だから、去年の酔杯以来久々に聴けて嬉しい♪でもブルトレはキヨシメインと言っても過言ではないのに、相変わらずキヨシの姿は見えず・・・。それでもこの曲はわりとゴッチが後ろに下がってギターを弾くので、ちらちらっとキヨシの姿が確認できた(笑)!

-MC- 開口一番「近っ!」とゴッチ。「近くで見るとおじさんの、ASIAN KUNG-FU GENERATIONです。」←あんまりシャレにならないような・・・(苦笑)。

5.ライカ ←『ワールド ワールド ワールド』から、ちょっと意外な選曲。ゴッチセレクト?
6.長谷サンズ ←『サーフ ブンガク カマクラ』から、同じくちょっと意外な選曲。誰セレクトだろう?
7.惑星 ←既にライブでの定番となった感があるこの曲。もちろん間奏はライブバージョン☆
8.その訳を ←マニアックな選曲!「NA NA NA NA NA ~」と、コーラスが頭の中でリフレインする。

-MC- ボクシングの亀田興毅と、なぜかみのもんたの話。

9.白に染めろ ←『新世紀のラブソング 』のカップリング。アップテンポな曲。
10.未だ見ぬ明日に ←好きな曲。『Tour2008 ワールド ワールド ワールド』以来聴くのは2回目だけど、初回は緊張(?)していて全く覚えていなかったので、歌詞をじっくりと聴き込む。やっぱり良い曲。
11.十二進法の夕景 ←イントロが流れた瞬間、ライブも後半に入ってしまった事が判りちょっと寂しくなる。ライブで初めて聴くのに、その寂しさであまり覚えてません…(泣)。

-MC-新しいアルバムの話。「年明け、もしかしたらアメリカでミックスするかも?」みたいな。発売は夏頃の予定だそう。

12.ソウシヨウ(建さん新曲)←ギターが印象的な曲。後半の展開が面白かった。NEWアルバム、期待大だなぁ。
13.夜のコール ←やっぱりライブで演ると映える!ゴッチが「横アリで鳴らす事を想像しながら作った」と言う、ライブ向きの一曲。

-MC-今回のツアータイトル酔杯『リターンズ』は『あぶない刑事』から拝借したそうで、しばし『あぶデカ』話。途中「『F.A.D』が爆破されて・・・、今はなき『レイトンハウス』にあるライブハウスなんだけど。」とゴッチがと言うので、私が隣にいた友人に「え?今もレイトンハウスあるよね??」と話し掛けると、「え?今もまだあるの??」と、拾うゴッチ!私と友人は顔を見合わせて苦笑。

14.バードメン(thee michelle gun elephantのカバー)←今夏に亡くなったアベフトシさんを追悼してのカバー。不謹慎かもしれないけど、真っ赤な照明の中、すごくカッコイイ演奏だった。
15.振動覚←初めてライブで聴く曲。最近になって好きになってきた曲だったので、ライブで演ってくれて嬉しい♪ そしてもしかしてこの後は・・・?
16.リライト ←キターッ!そしてこの日1番のモッシュも来たーっ(苦笑)!!痛いわ苦しいわ、腕は上がらないわ・・・。でもやっぱり『リライト』は欠かせない!!!テンション上がる上がる☆
そして間奏で、NANOフェスの『ゴチレイテナー』を彷彿とさせるゴッチのDJプレイ炸裂。PCにつないだシンセとサンプラーを操り、「あれは誰~?」「ケン」「ケ~ン」と、建さんをいじり倒す(笑)。そのうちこれが、コール&レスポンスへと変化。

17.アフターダーク ←リライトからの怒涛の流れ!イントロのキヨシのドラム最高!!

-MC-「次はデカイ所でやりたいんだよね~、俺たちデカイとこ好きだから。」とゴッチ。「ドームとか(笑)?」と私が友人に話し掛けると、「ドームはやんないなぁ。ドームやるなら山ちゃん飛ばすよね?ね、山ちゃん(笑)?」と、またまた拾うゴッチ。苦笑する友人と私・・・。

18.転がる岩、君に朝が降る ←あ~、ついに来てしまった本編終了(泣)。でもこの曲を最後にもってきてくれるなんて、メンバーも大事にしてる曲なんだなぁと、とても感慨深い。目をつぶって歌うゴッチ。個人的の人一倍思い入れのある、アジカンの名曲。

-MC- アンコールでメンバー再登場。なんと、キヨシが私とお揃いの赤Tに着替えてる(←私がお揃いなんじゃん?)!やはり去年の酔杯で、キヨシとピンク色のTシャツがかぶった事を思い出す(笑)。ゴッチが「潔が今着てる酔杯Tシャツ・・・。」と紹介すると、その場で立ち上がるキヨシ。すかさず私が『同じの着てますアピール』をすると、キヨシと目が合う♪あぁ、赤T買ってホントに良かった・・・。だけどその後も、「良く見ると乳首が透けてますが 。」とキヨシをいじるゴッチ。同じTシャツ着てるこっちまで恥ずかしくなる。
ゴッチ「ツアーTシャツ、絶賛発売中です。是非、ここぞという時にどうでしょう(笑) ?是非、ここぞという聖なる夜に・・・、誰かにプレゼントしてはどうでしょう(笑) ?では、アジカンがここぞという時にやる、『君の街まで』を聴いてください。」

EN.1君の街まで ←ここぞという時にやる曲なのかぁ(笑)。なんだかずっと笑顔で、すっごく楽しかった。
EN.2君という花 ←最近になって、やっとこの曲の良さがわかってきました(すみません)。お約束の「らっせーらっせー」気持ち良かった!でももうこれでラスト(泣)。

-MC- みんなアンコールの手拍子してるけど、「今日はもうこれで終わりなんだよね~」と冷ややかな私。しかし、ここでメンバー三度登場!マジで!?マイミクちゃんと思わずガッチリ握手(笑)。

EN.3アンダースタンド ←まさかのダブルアンコ(ゴッチのセトリには書いてなかった)。セッションから始まり、期待に胸が高まる。が、ゴッチが演奏中断。「え~、何か始まるかと思ってたら、何も始まりませんでした(笑)。次の曲の、あのコードに繋いだら・・・なんて思ってたけど、メンバーの引き出しがなかったみたいで(笑)。あとで説教だな!」
モッシュがすごくて、ジャンプも全然できない。終盤、ゴッチがモニターに乗っかってきたので、ゴッチに触って良いものかどうかと一瞬逡巡したら、後方から無数の手が伸びてきて。「ごめんなさい!!」と頭の中で謝りながら、ゴッチの左膝を触りまくりました(笑)。


演奏終了後、スティックを投げるキヨシ。ダメモトで左腕を思いっきり伸ばしてみたら、なんとスティックを掴んた!スティックはボロボロのボコボコで、掴んだ瞬間ビックリしたけど、演奏の凄さを実感。残念ながらその後のスティック争奪ジャンケンでは負けてしまったけど、キヨシのドラムプレイの真髄に少しでも触れられたような気がして、感動した。
c0063951_19271534.jpg
↑終演後に交換してもらえたチケット(このデザインは『あぶデカ』を意識していたのね)

渋谷までの帰り道、とにかく大興奮の私たち3人(笑)。今日なにが一番驚いたかって、建さんが意外にもポニョポニョしていた事かなぁ。雑誌とかで見るとシュッとしてるのに・・・、太った?むくんだ??弦を爪弾く指も、なんだかふっくらプニョプニョで、あれって感じでした(笑)。
でもゴッチも終始上機嫌で、こっちまで幸せになるようなライブでした。チケット譲ってくれたマイミクちゃん、本当にありがとう!感謝!!
[PR]
# by pink.green | 2009-11-30 23:51 | 音楽
  

~R134沿いの日々~
by pink.green
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31